Welcome to my blog

mell

ふらふらしてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬱日記③

  • CATEGORY日記
  • PUBLISHED ON2017/ 07/ 12/ 03:24
  • COMMENT0
これで最後!
もう〜時間空けすぎて忘れかけてるけど😩

鬱日記③です。

最後は何が要因だったかとか細かいこと書きます。





①髪型も色も好みじゃなかった



何やそれ。って思うけど、でも私の中では大事でした。
どういうことかというと、要するに自分の好きな自分じゃない自分と毎日過ごす訳です。。





1_20170712022739ac1.jpg






就活のために黒染めして。
ポニーテールしたくて伸ばしてたけど
それまでの道のりが長くて、できるまでずっと似合わないロングを続けなきゃならなくて、
鏡に写るたびにやっぱり似合わないなぁって思いながら化粧をする、

いや、楽しくない。






②服を買ってなかった



服だけじゃなくて靴とか、とにかくオシャレをしてなかった。
そんな余裕もないししてる場合じゃないだろ!って自制してました。
だから身につけてるのは少し前の自分が好きだった服。







2_20170712022741e01.jpg






こういう服着たい!っていうのはあるのに、服を買ってない+髪型が好みじゃないせいで、外見が完全に昔の自分。


「ダサいなぁ」「いつも同じ服着てるなぁ」って思いながらいっつも出かける。
1日のスタートがもう重い。。

思い返せばって感じだけど、こういうのも自信のなさとかそういうのに関係してたんかな〜〜って。
回復してからは髪を切って新しい服買って、心機一転しました。







③生理が来ない


急に深刻。
4,5ヶ月来てなくて、本当にやばいのでは〜〜って思った。
ストレスで来てなかったんだと思うけど、それもまたストレス…っていう悪循環だった気がします。
鬱から回復した途端持ち直して、わかりやすかった。笑






④部屋が汚い



部屋が汚いと、心も間違いなく荒みます。。
掃除機かけない、洗い物もしない、片付けない。
気持ちも重いしその汚さに埋もれる。

部屋の汚さに適応していく感じ。

鬱だろうが鬱じゃなかろうが、部屋の掃除は本当に大切。
ちょっとでも気分が沈んだらまず部屋の掃除しよ。






⑤どう足掻こうが就活のせい


色々書いたけど1番はこれに尽きる!って感じ。
何も言うことなし。笑


でも言うとしたらこうです。


3_20170712022742050.jpg



スーツとか外見の話ではなくて、中身の話。
しっか〜〜り言うこと考えて、しっか〜〜り模範解答してたうちは何も上手くいかなかったな。
真面目故の落とし穴な気がする。
もし昔の自分に何か言えるなら、就職講座やら就職課に行くなって言いたい。型にハマるなと。
真面目な人ほど行かない方がいいと思ってます。私はね。

印鑑が掠れただけで落とされるとか、誤字脱字があるだけで落とされるとか、ほーんと嘘こけ!って感じ。
水性ペンで宛名書いて、鞄の中でペットボトルの水滴がついてぐっしゃぐしゃに滲み、かろうじて読める書類を出したよ私は、、(その書類は通った)


一次試験が急に嫌になって、当日電話で辞退して、そのままギター抱えてスタジオ行ったり。(?)
いやー楽しいですね。(楽しくない)






⑥予定詰め詰め


確かその1週間がすごく忙しかったような気がする。
大切な〆切が二つあって、
他にもやらなきゃいけないこと、会議とか、とにかくずっと考えて作って動かなきゃいけない1週間だった。

正常な状態だったらまぁ適当でいいや!とか何とか乗り切れたかもしれないけど、
丁度病み始め。そんな状態でいい案も浮かぶわけもなく、「もう無理」ってなって余計に鬱が加速していきました。

期待に応えようとしたり、頑張りすぎちゃったり、そういうのやっぱり気をつけなきゃいけないね。
今は背負えないことは勇気を出して断るっていうことが、双方のためになるなって思ってます。








以上です!
はぁ!この話題引っ張りすぎだね


①髪型も色も好みじゃなかった
②服を買ってなかった
③生理がこない
④部屋が汚い
⑤就活
⑥予定が詰まってる


本当はこれだけじゃないけど割愛。
要するに、色々なことがいっぺんに重なって限界を迎えましたって感じです。ワハハ


書ききれないくらい他の問題も浮き彫りになったり、私の人生の中ですごく大きい出来事になりました、、
今はほんとに鬱になって良かったって思います。

でもそれは私の症状が軽かったっていうだけで、休息も取ろうと思えば取れる状況だったけど
本当に今ヤバいって人は、すぐ病院に行ったり、周りの人間を頼ったりしてほしいです
真面目な人ほど鬱になりやすいから、逃げてもいいっていう意識を常に持っててほしい。。

それでも本当にヤバくなった時は逃げるじゃなくて「死ぬ」って意識になるから、
それだけはやめるんだ〜〜〜って感じ。

ていうか、私もまたいつこんな感じになるかわからないから気をつけよ。
素直に人を頼れば絶対大丈夫!!





というわけで終わります。
長かった〜!


最後まで読んでくれた人、ありがとうございました!

鬱日記②

  • CATEGORY日記
  • PUBLISHED ON2017/ 07/ 03/ 01:11
  • COMMENT0
こんにちは。ちょっと間があいてしまった、、

前回症状を書いたので、治るためにしたことを書きます。

ほんと自己満だけどまとめるとなんか安心するよね。
さて書くぞ〜





ー治るまで。


数日どん底だったものの、さすがにこのままじゃいかんということで積極的に治そうとしました。
でもやっぱり病院は私の中では敷居が高かったので、まずは周りに頼りました。

(ほんとにヤバい時は、周りでも病院でも、とにかく人と喋ってほしいです)






①保健室へ駆け込む。



鬱を治そうというより、この吐いたり物が食べられないのを何とかしようと思いました。
失恋しようが就活に落ちようが、食べることが生きがいのデブ美。
物が食べれないことが本当に辛くて、
なんかどうにかならんかなぁ〜と思ってとりあえず学校の保健室へ駆け込み。











保健室の先生



5_20170629045808cc9.jpg













4_20170629045807aab.jpg







消えてえ〜〜〜〜








そしてこの先生常勤の人じゃなかったらしい



心の病ですみませんって感じでした。でも優しかった。
ここで勧められた相談室のほうへ行くことに。










②相談室へ行く。





あんまり覚えてないけど、まじありがたや!!って感じでした。

客観的に今の症状とか言ってくれるので、あぁそういう状態なんだってちょっと冷静になれたり。
話すだけでだいぶ違いました。

あと一人暮らし+鬱はヤバいよ、とのこと。
私も思います。外界との接触を閉ざすべきではない、、、








③友達に会う。



これはたまたま会わなくちゃいけない用事があって会いました。
でも本当に仲良しな気の許せる2人。



久々に友達に会った私の第一声





3_20170629045807465.jpg




そうだよ





丸一日遊んで、焼肉食べて、超リフレッシュ。
帰り際に自然と涙が出てしまったので、そのまま聞いてもらいました。
割といつも泣くからまたかよ、的な感じで接してくれたのもよかったのかも。

今まで全部が敵だ!って思ってたのが嘘みたいに思えて、
自分の見方が勝手に変わっただけで、周りは何も変わってなかった、ってことにようやく気付けてきました。
いやほんと、友達大事。









④ゼミの先生に会う。




ゼミ行きたくなさすぎてサボリンになってたんだけど、勇気を出して相談。
制作のことじゃなくて思い切って今の状態も。

そしたら意外にも聞いてくれました。
「実家帰んな!」って。


いやーなんか帰ってもいいのか!って思いました。

割とこの一言もありがたかったです。
その時は帰れるスケジュールじゃなかったから帰れなかったけど、いざとなったら帰っていいんだなぁって。
一つの逃げ道じゃないけど、それを作ってくれたような気がして。
いやーありがとうございます。

こうして全部が敵!思考から仲間いっぱいいたんだ!思考になってゆきます。









⑤彼氏に会う。




ここが一番の鬼門で、
彼氏に会いたくなさすぎてとんでもなく大変だったんだけど。

会ったら会ったで、気を許してるせいか、人前でこんなに泣くことはないだろうってくらい泣き尽くしました。
しかも泣き止まない。






2_20170629045805f7e.jpg




すみませんほんと






しかも買い出し行って料理作ってくれたり、至れり尽せりでほんとにありがたみを感じました。
そういうタイプやないのに。
向き合ってくれるってことが私の中では割と大きくて、
あ、こんな状態でも受け入れてくれるんだ、頼ったり弱ってるとこ見せても大丈夫なのか。っていう自信になりました。
こうして敵を減らして行きます。






⑥Twitterを消す



<お前さえいなければーーっ!!



って感じでアカウントを3つ消しました。
厳密に言えばまだあるけど


ほんっとTwitterが嫌いで。
なのに情報が遮断される不安からかやめれなくて、SNS依存症ってやつかも。



私が思うTwitter。





10_20170703010702221.jpg



めっちゃ距離感の近いカフェって感じ。
どうでもいい、聞きたくもないような話が突然日常に飛び込んでくる。
自慢も。文句も。不幸自慢も。
それに干渉して、自分の生活に支障が出る。

なのでまず手始めにストレスになってるアカウントを消しました!
気になっちゃうけど、見ないほうがいいこともやっぱりあるなって。
他人の情報がちょっとでも遮断されるので、干渉して左右されることも少なくはなりました。
最終的な目標はTwitter垢全消しです。叶わなさそう。笑




一方で私が思うブログ。


11.jpg




見たくなきゃ見なきゃいいって感じ。
勝手に言いたいこと言ってるだけだし長いし、根気もないと見れないしね😌

でもTwitterより垂れ流し感もなくて、一応ちゃんと文章は書いてるから自分と向き合うきっかけにもなる。
いやいいでしょブログ。ほら皆やろ。







①保健室に行く
②相談室へ行く
③友達に会う
④ゼミの先生に会う
⑤彼氏に会う
⑥Twitterを消す

やったことは以上です!


色々やってるようで、やったことはほぼ1つ人に会うってことでした。

気が沈むと、本当に誰にも会いたくなくなる。
普段の何気ない会話も、友達が楽しそうに笑ってるところも、何も見たくなくなる。


優しくされたら「余裕があるからそんなこと言えるんだよね」

反対に厳しくされたら「こんなに頑張ってるのになんでわかってくれないの」


何言われてもダメなんだよね。ほんとダメなの。
めんどくさい状態なの自分でもわかってたから、
こんなところ見られたくなくて、人に当たりたくもなくて。
だから消えたいし忘れられたいな〜って思ってました。


でもそうやって一人でいると、どんどん悪い方向に妄想が膨らむ。
あることないこと作り上げて、マイナスになってく。絶対良い方向に考えられないんだよね!
私は一人暮らしなので、本当に誰とも関わらないようにすればそれができちゃう環境でした。

良くないよ〜ほんとに!



相談室は仕事だから絶対に話は聞いてくれるし、他人だからどう思われようが何ともないけど、
やっぱり友達とか彼氏には、こんな状態を見せて面倒くさいな、って思われるのも嫌だったし
気を遣わせるのも嫌だった。


でもいざ会うと友達も彼氏も優しくて、ほんとに助かった。
素直に助けを求めることって、大事だと思う。





あ〜文書きすぎちゃった〜〜
次に鬱になるきっかけ?的なもの書いて最後にします。

もしここまで見てくれた人がいたら、もうちょっとだけお付き合いください🙇

鬱日記①

  • CATEGORY日記
  • PUBLISHED ON2017/ 06/ 29/ 03:00
  • COMMENT2


何でまたブログ始めたかって、率直に言うと鬱日記書きたかったからなんだよね。

もう本当はそれだけ。あー数日辛かった〜!
ということで、ここでまとめてみます。



ー 鬱になるまで


実は、でもないんですけど、ここ数週間気持ちが沈みっぱなしでした。
明確に言うと私は鬱症状ってだけで、鬱病にはなってないんだと思う。

元々すぐ悩むわ泣くわで、抱え込みやすい性格はしてたけど、
これだけ症状に出たのは初めてだったな、、

今は割と落ち着いていて、むしろ鬱症状になって良かった!と思える程度には回復しました(^o^)イェー


めちゃ長いです。












①食べれない。


物が食べれない。
お腹は空くけど、食べ物をお腹に入れると気持ち悪くなる。1日1食が限界。

普段呼吸をするように「ダイエットしなきゃ」って言う私、いざ食べれないとこんなに辛いんだなって。
多分体が生きようとしてなかった、みたいなそんな気がします。







1.jpg





無理やり食べたカツ丼が不味すぎた










②吐く。


ゲロゲロゲロッピ


食べても吐くし、不安で気持ち悪くなっても吐いてました。
でも吐くと楽になるから吐きたくなったり。 










③寒い。



<夏なのにさむーい!



熱とかではなく、なんか寒い。
夏日で周りは半袖だった中、一人長袖を着て行く。
確かに暑いはずなのに、包まれてる安心感からだったのか、とにかく寒かった。







2.jpg




友達「暑くないの?」

わし「ちょうどいい」




わかりあえない












④動悸。



<どうしようどうしようどうしようどうしようどうし


って感じ。その時ミュージカルのチケットを半年前から取ってたんで見てきたんですけど、
ミュージカル終わった途端に動悸。電車の中でずっとハァハァしてました。(変な意味じゃなくて)






3.jpg





このままだとヤバい、、って思って眠ることに。
そしたら無事眠れて、起きたら動悸は治まってました。
いやー、外での症状はほんと困るね。












⑤ギターぶっ壊し衝動


最近愛してやまないマイギターがあって。
ベイビーって言うんだけど(本当にベイビーって名前)


購入したばかりですごく大事にしてるんですけど、どうもその時はネックを持ってぶっ壊してやろうか、と思いました。









4.jpg









5.jpg








6.jpg















7.jpg








8.jpg














9.jpg











愛してるよベイビー


あとは、全然死ぬ気もないのに「手首は縦に切るんだっけ!?」って考えたり。
いやいやメンヘラの極みかよ!って思うと思うけど、
正常な考えじゃないとこうなるんだって初めてわかった、、こりゃ鬱病の人しにたくなるよ、、







⑥誰にも会いたくない




ほんとに、誰にも会いたくないんです。
友達にも、誰にも!

全てが敵に見えるというか、どうせ私の気持ちなんてわからない、的思考。
今思うとヤバい時こそ人に会え、って思うんですけどその時はそんなことは考えてられず。
やっと助けを求めたのが保健室でした。









⑦泣いては泣き止みを繰り返す







10.jpg





究極的に情緒不安定




言い知れぬ不安がドバッと襲ってきて、急に我に帰る。
それが交互にやってきて、嗚咽を漏らしながらわんわん泣いたと思ったらピタッと止まったり。
我ながら気持ち悪かったな。










以上!

思い出せるのはこのくらい。


①食べれない
②吐く
③寒い
④動悸
⑤ギターぶっ壊し衝動(しにたい)
⑥誰にも会いたくない
⑦泣いては泣き止みを繰り返す



いやいやいや怖かった〜
今までのちょっとした鬱が比じゃない。
22年の人生で1番の危機を感じた、、、


次は治るまでを書こうと思いまーす。

また始めました

  • CATEGORY日記
  • PUBLISHED ON2017/ 06/ 27/ 05:17
  • COMMENT0
懲りずにブログ書くことにしました。(もう何度目だろ)

昔は何の躊躇もなく書いてたのに、いつからか書いてるのが恥ずかしくなった。
Twitterとかインスタで簡易的な文章を書くようになってからは余計に。
でもブログ書いてる時間の方がちゃんと文面と向き合ってた気がして、Twitterより有意義で楽しかったなってふと思い出しました。


外に発信していくこと自体が恥ずかしいっていうのは今も昔もあるけど、それでもやっちゃうんだよね。
読んでくれる人がいてもいなくても、好きだからやっていこーって思います。
暇な人がいたらよろしくね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。